第69回全国植樹祭の関連行事が始まりました

天皇、皇后両陛下は、富山県高岡市の魚津桃山運動公園において開催される第68回全国植樹祭に御臨席のため、27日に新幹線で富山入りされました。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052700364&g=soc
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H2N_X20C17A5CC1000/

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00359475.html
http://www.news24.jp/articles/2017/05/27/07362662.html
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3064135.html

27日は高岡御車山会館をご覧になられ、28日には、第68回全国植樹祭に御臨席されます。

画像は、高岡御車山会館で御車山の展示を視察される天皇、皇后両陛下=27日午後、富山県高岡市(代表撮影)
時事通信からの引用

平成29年度愛知県植樹祭

阿久比町立中央公民館アグピアホールで、平成29年度愛知県植樹祭が開催されました。

愛知県植樹祭の式典において、第70回全国植樹祭の広報大使 マリクリスティーヌさんへの委嘱式、「あいち“言(こと)の葉(は)”キャラバン」の委嘱式と出発セレモニー、マスコットキャラクター応募作品の入賞者の表彰式などが行われ、第70回全国植樹祭もどんどん盛り上がってきています。

第70回全国植樹祭をPRする「あいち“言(こと)の葉(は)”キャラバン」がスタートします。

平成31年に尾張旭市を中心とした愛知県森林公園で開催される第70回全国植樹祭をPRするための「あいち“言(こと)の葉(は)”キャラバン」がスタートします。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/zenshoku/h290509-2.html

「名古屋わかもの会議」で構成するキャラバン隊が、県民の皆様から集めるメッセージを投函するどんぐり型ポスト「FUTURE SEED号」を持って、県内全市町村のイベント等をキャラバンするものです。

名古屋わかもの会議

尾張旭市には、10月14日の市民祭にやってきます。

「あいち“言(こと)の葉(は)”キャラバン」は、5月13日に阿久比町で行われる平成29年度愛知県植樹祭の式典で、委嘱式と出発セレモニーが行われ、正式にスタートします。

第70回全国植樹祭への協賛募集しています。

現在、愛知県では、平成31年に尾張旭市を中心とする愛知県森林公園で開催する「第70回全国植樹祭」の開催機運を盛り上げ、県内外から集まる多くの方々の心に残る大会とするため、大会運営や広報活動などの大会経費に充てる協賛金等を広く企業や団体等から募集しています。

全国植樹祭会場や公式ホームページ、記念誌等で協賛者名が掲載されるなど、協賛規模に応じて様々な特典があり、企業、団体、個人など様々な方の協賛を募っています。

興味のある方は愛知県の協賛募集のページからお申し込みください。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/zenshoku/290328.html

第70回全国植樹祭のマスコットキャラクターが決まりました。

昨年12月28日から今年の2月28日まで全国から募集され、855点もの応募があった第70回全国植樹祭(尾張旭市を中心とする愛知県森林公園で開催)のマスコットキャラクターが決まりました。

最優秀賞は、青森県青森市の盛 秀雄(もり ひでお) 氏による作品で、愛称は「森ずきんちゃん」です。

http://www.pref.aichi.jp/soshiki/zenshoku/290509-1.html

「愛知県の「A」の字をモチーフに、愛知県の森に住む、葉っぱを巻いた元気な女の子をイメージし、キャラクター化しました。
手には、苗とシャベルを持たせ、大会テーマの「木に託す もり・まち・人の あす・未来」を強調し、表現しました。」

という事で、この可愛い森ずきんちゃんと一緒に、尾張旭市観光協会も第70回全国植樹祭を盛り上げていきます。

大会テーマ「木に託す もり・まち・人の あす・未来」

投稿が前後しますが、第70回全国植樹祭の大会テーマは、「木に託す もり・まち・人の あす・未来」という、東京大田区の大井田 雄策 氏の作品に決まりました。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/zenshoku/281228-1.html

これは、平成28年8月23日~10月21日の間、愛知県が全国から募集し応募のあった899点の作品の中から選ばれたものです。
「今回の植樹祭で植える木から「森林(もり)をつくり」、「都市(まち)をつくり」、「人をつくる」ことで明るい明日や未来をつくっていきたい。」という思いのこもった大会テーマです。

入賞者の表彰は、今月開催の愛知県植樹祭において表彰が行われる予定です。    最優秀賞の受賞式は、第70回全国植樹祭の式典において行われる予定です。

植樹祭のテーマソングは岡村孝子さんに

第70回全国植樹祭のテーマソングは、岡崎市出身のシンガーソングライター:岡村孝子さんに作っていただく事が決まり、4月26日に愛知県庁で委嘱式が行われました。
委嘱状は植樹祭らしく、愛知県産のヒノキで出来ています。
どんな素敵な曲が出来るのか? 今から楽しみですね。

広報大使にマリ クリスティーヌさんが決まりました。

尾張旭市を中心とした愛知県森林公園において、平成31年に行われる第70回全国植樹祭の広報大使を、マリクリスティーヌさんにお願いすることになりました。

マリ クリスティーヌさんは、愛知万博の広報プロデューサー、愛知県緑化推進委員会緑の大使、あいち海上の森センター名誉センター長、生物多様性条約第10回締結国会議COP10広報アドバイザー、東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレム委員会委員等を歴任し、環境や緑、森林を始め幅広い分野に高い見識のある方ですので、植樹祭の広報大使として、まさに適任の方です。

5月13日に阿久比町で行われる愛知県植樹祭にて、委嘱式が行われます。

=5/13追加=

スクールステイが行われました

平成31年の春に尾張旭市を中心とした愛知県森林公園で開催される第70回全国植樹祭の記念事業として、開催機運を盛り上げ、森林や身近な緑の大切さと緑づくりへの関心を高めてもらうため、植樹祭で使用する苗木を子どもたちに育ててもらう苗木のスクールステイが実施されました。
第1回目は、10月19日(水曜日)に尾張旭市立瑞鳳小学校でで、どんぐりの贈呈式やどんぐりの植え付けが行われ、10月から11月にかけて市内の各小学校、中学校で実施されました。
子供たちが植えたどんぐりが苗木として育ち、全国植樹祭で植えられることとなります。
大きく育つといいですね。
子供たち!頑張ってくださいね。