全国植樹祭 発祥の地

現在の植樹祭のルーツは、1858年、アメリカのネブラスカ州で、農林学者のジュリアス・スターリング・モートンによる植樹祭です。
全国植樹祭のルーツ

アメリカの教育家バードジー・グラント・ノースロップによって日本に伝えられ、愛林日として植林が推奨されるようになります。
愛林日は、4月2日~4日とされ、昭和9年(1934年)に筑波山山ろくで、第一回の愛林日の中央行事が行われました。
その愛林日の中央植樹行事は、戦争での中断をはさみ1950年(昭和25年)に、農学博士だった徳川宗敬を中心として森林愛護連盟が結成され、「植樹行事並びに国土緑化大会」として再開されます。
それが昭和45年に福島県で開催された大会からは、現在の名称の「全国植樹祭」となるのです。

平成31年に、尾張旭市を中心とした愛知県森林公園で行われる全国植樹祭の発祥の地、昭和9年(1934年)に行われた第一回の愛林日の植樹の場所はどこか?
記録によれば、筑波山麓の鬼ヶ作国有林内(茨城県桜川市真壁町大字羽鳥:茨城森林管理署鬼ヶ作国有林)という事は分かるものの、それ以上詳しい場所は、長い間分かっていませんでした。

記録では、紫尾村(現桜川市)東山田で車を降り、山路を約40分登った国有林にスギとヒノキを植えたとされているそうです。

その記念すべき全国植樹祭の発祥の地が歴史に埋もれることを危惧した徳川宗敬氏(農学博士、森林愛護連盟創設者、第1回愛林日中央行事に参加)は、昭和59年、小泉章三氏(元東京営林局沼津営林署長)に調査を依頼します。

「急がなくてもよいのだよ」という徳川宗敬氏の言葉は、小泉章三氏には、「しっかり頼んだからね」と聞こえたそうです。

さっそく調査を開始した小泉氏ですが、なかなかその場所を特定する資料が見つかりません。
落胆しかけていたところへ筑波山麓を管内にもつ笠間営林署から「愛林日の記録と思われる資料を発見!」の連絡が入ります。
さっそく笠間営林署に駆けつけ、その資料の中に造林基本図を発見します。その造林基本図をコピー機にかけてみると、「第1回記念植栽地」の文字がはっきりと読み取れたのです。

1985年5月、現地調査が行われました。
同行してくれたのは当時、青年団としてこの行事に参加していた地元の鈴木喜一郎氏。

鈴木氏の記憶と、造林基本図に記録された場所は完全に一致し、その地が

「第一回愛林日の記念植樹地」であることが確認できたのです。

翌年、その地に、「全国緑化事業発祥之地」の記念碑が建立され、現在は日本森林学会により、「林業遺産(No.3) 全国緑化行事発祥の地」として保存されています。
林業遺産(No.3) 全国緑化行事発祥の地

参考サイト
http://www.rinya.maff.go.jp/kanto/ibaraki/greening/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsk/77/0/77_28/_pdf
https://www.forestry.jp/activity/forestrylegacy/catalog/2013no3.html
http://www.greenglobe.jp/katudou/katudou2014/index.html

保存

保存

保存

保存

保存

世界で最初の植樹祭?

世界で最初に行われた植樹祭は、いつどこで行われたのでしょうか?

現在日本で行われている全国植樹祭のルーツは、1858年、アメリカのネブラスカ州で、当時、アメリカ合衆国第三代農務長官だった農林学者のジュリアス・スターリング・モートンが提唱し、4月10日に行われ、100万本以上が植えられた植樹祭がルーツになっている事は間違いありません。
豆知識>植樹祭のルーツ

しかし、それまで世界のどこにも植樹祭的な行事が無かったかと言えば、有っただろうという方が正しいでしょう。

全国的な運動としての植樹祭はともかく、その地域だけの植樹祭は、当然、有ったでしょう。

そんな植樹祭の一つがスペインにあるそうです。
スペイン中西部にある ビジャヌエバ・デ・ラ・シエラ の町では、1805年から続く植樹祭があるそうです。
La “Fiesta del Árbol” en Villanueva de la Sierra, Bien de Interés Cultural

この植樹祭は、1805年に、ナポレオン軍と地元軍の戦いによる森林破壊から始まったそうですが、最初の植樹祭として有名なネブラスカ州のモートンによる植樹祭より古いとして、無形文化財にするための手続きが始められたそうです。
La Fiesta del Árbol de Villanueva de la Sierra, declarada Bien de Interés Cultural

この植樹祭は1805年に始まっているようですが、その植樹のルーツはさらに遡って、1509年に有るのだとか。
The world celebrates Arbor Day

どんな意識(緑化が大切だという意識)を持って行ったのか、どんな規模で行われたのか、記録されているのか。
そんなところが問題になるでしょうが、探せばもっと古い植樹祭も有りそうです。
もしかしたら日本にも、もっと古い植樹祭が有るかもしれません。

どちらにしても、現在の全国植樹祭のルーツが、、1858年、アメリカのネブラスカ州で、モートンが提唱して行われた植樹祭がルーツになっている事は間違いようです。

参考サイト:
https://smithsoniangardens.wordpress.com/tag/arbor-day/
http://amigosdehesa.blogspot.jp/2011/05/la-fiesta-del-arbol-historia-y.html
http://www.nuevoportal.com/andando/pueblos/extrema/caceres/villanuevasierra.html
http://www.experimentalasierradegata.com/en/villanueva-de-la-sierra/

全国植樹祭のルーツ

全国植樹祭はどのようにして始まったのか?
そのルーツを探ってみましょう。

調べられた範囲で言えば、そのルーツは1858年、アメリカのネブラスカ州まで遡ります。
当時のネブラスカ州は荒れた土地ばかりだったそうです。
そこで農学者で、当時、のちにアメリカ合衆国第三代農務長官になるジュリアス・スターリング・モートンが植樹祭を提唱したのです。
その植樹祭は4月10日に行われ、100万本以上がネブラスカ州に植林されたと言います。

日本への伝来は1895年(明治28年)の事で、来日したアメリカの教育家バードジー・グラント・ノースロップ(Birdsey Grant Northrop)が、モートンの植樹祭から始まったアーバーデイ(Arbor Day:愛林日)の思想を日本に持ち込みました。
ノースロップは文部次官の牧野伸顕を説得し、明治政府は明治天皇の誕生日の11月3日を「学校植栽日」とします。

これが、1898年(明治31年)、林学博士 本多静六の提唱により、 神武天皇祭の4月3日が「植栽日」となり、さらに、1933年(昭和8年)4月2~4日を「愛林日」として行われることとなりますが、戦争により途中2回の中断をはさむことになります。

戦争によって中断していた「愛林日」は、1947年(昭和22年)、水戸徳川家第12代当主・徳川篤敬の次男で林学博士だった徳川宗敬を中心として森林愛護連盟が結成され、愛林日の行事が再開されました。
その愛林日の中央植樹行事は、1950年(昭和25年)から全国植樹祭に引き継がれ、今日に至ります。

2019年(平成31年)に尾張旭を中心とした愛知県森林公園で行われる第70回全国植樹祭も、遡れば、161年前のアメリカ・ネブラスカ州まで遡る事が出来るんですね。

写真は1872年にネブラスカスでアーバーデイ(Arbor Day)として行われた最初の植樹の様子です。
http://primarysourcenexus.org/2012/04/today-in-history-first-arbor-day/

参考サイト:
http://www.green.or.jp/about-us/history/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E6%9E%97%E6%97%A5
http://www.kikori.org/nippon/other/province-02.htm