広報大使にマリ クリスティーヌさんが決まりました。

尾張旭市を中心とした愛知県森林公園において、平成31年に行われる第70回全国植樹祭の広報大使を、マリクリスティーヌさんにお願いすることになりました。

マリ クリスティーヌさんは、愛知万博の広報プロデューサー、愛知県緑化推進委員会緑の大使、あいち海上の森センター名誉センター長、生物多様性条約第10回締結国会議COP10広報アドバイザー、東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレム委員会委員等を歴任し、環境や緑、森林を始め幅広い分野に高い見識のある方ですので、植樹祭の広報大使として、まさに適任の方です。

5月13日に阿久比町で行われる愛知県植樹祭にて、委嘱式が行われます。

=5/13追加=

スクールステイが行われました

平成31年の春に尾張旭市を中心とした愛知県森林公園で開催される第70回全国植樹祭の記念事業として、開催機運を盛り上げ、森林や身近な緑の大切さと緑づくりへの関心を高めてもらうため、植樹祭で使用する苗木を子どもたちに育ててもらう苗木のスクールステイが実施されました。
第1回目は、10月19日(水曜日)に尾張旭市立瑞鳳小学校でで、どんぐりの贈呈式やどんぐりの植え付けが行われ、10月から11月にかけて市内の各小学校、中学校で実施されました。
子供たちが植えたどんぐりが苗木として育ち、全国植樹祭で植えられることとなります。
大きく育つといいですね。
子供たち!頑張ってくださいね。