世界で最初の植樹祭?

世界で最初に行われた植樹祭は、いつどこで行われたのでしょうか?

現在日本で行われている全国植樹祭のルーツは、1858年、アメリカのネブラスカ州で、当時、アメリカ合衆国第三代農務長官だった農林学者のジュリアス・スターリング・モートンが提唱し、4月10日に行われ、100万本以上が植えられた植樹祭がルーツになっている事は間違いありません。
豆知識>植樹祭のルーツ

しかし、それまで世界のどこにも植樹祭的な行事が無かったかと言えば、有っただろうという方が正しいでしょう。

全国的な運動としての植樹祭はともかく、その地域だけの植樹祭は、当然、有ったでしょう。

そんな植樹祭の一つがスペインにあるそうです。
スペイン中西部にある ビジャヌエバ・デ・ラ・シエラ の町では、1805年から続く植樹祭があるそうです。
La “Fiesta del Árbol” en Villanueva de la Sierra, Bien de Interés Cultural

この植樹祭は、1805年に、ナポレオン軍と地元軍の戦いによる森林破壊から始まったそうですが、最初の植樹祭として有名なネブラスカ州のモートンによる植樹祭より古いとして、無形文化財にするための手続きが始められたそうです。
La Fiesta del Árbol de Villanueva de la Sierra, declarada Bien de Interés Cultural

この植樹祭は1805年に始まっているようですが、その植樹のルーツはさらに遡って、1509年に有るのだとか。
The world celebrates Arbor Day

どんな意識(緑化が大切だという意識)を持って行ったのか、どんな規模で行われたのか、記録されているのか。
そんなところが問題になるでしょうが、探せばもっと古い植樹祭も有りそうです。
もしかしたら日本にも、もっと古い植樹祭が有るかもしれません。

どちらにしても、現在の全国植樹祭のルーツが、、1858年、アメリカのネブラスカ州で、モートンが提唱して行われた植樹祭がルーツになっている事は間違いようです。

参考サイト:
https://smithsoniangardens.wordpress.com/tag/arbor-day/
http://amigosdehesa.blogspot.jp/2011/05/la-fiesta-del-arbol-historia-y.html
http://www.nuevoportal.com/andando/pueblos/extrema/caceres/villanuevasierra.html
http://www.experimentalasierradegata.com/en/villanueva-de-la-sierra/